中国の社会

中国の魅力①民族

広い国土を誇る中国の魅力の一つは、豊かな文化かもしれません。人口の91%以上を占める主要民族である漢民族以外に55の少数民族があります。

それらの民族には各々の文化、習慣、宗教、歴史等があり、その独特の衣装は大いに魅力的です。

多様な民族

最大民族の漢民族は「汉族」(Hàn zú)、残る55の少数民族を「少数民族」(shǎo shù mín zú)と言います。

それら以外に、正式には認定されていない民族も存在します。これらの少数民族が人口に占める比率は約9%です。

その中で人口の最も多いのがチワン族「壮族」(Zhuàng zú)です。それ以外によく知られている民族をいくつか挙げてみましょう。

「满族」(Mǎn zú)

古くは女真族と言われていた満州族

「蒙古族」(Měng gǔ zú)

モンゴル族は内モンゴル自治区に最も多くが居住しています。

モンゴル国のモンゴル人が用いるキリル文字をもとにしたモンゴル語ではなく、ウイグル文字をもとにして作られた旧モンゴル文字を多少改造した文字を使います。

「回族」(Huí zú)

イスラム教を信仰する民族

「朝鲜族」(Cháo xiǎn zú)

中国籍を有し、戸籍法に基づいて民族欄に記載されていることを条件に認められる

「维吾尔族」(Wéi wú’ěr zú)

テュルク諸語に属するウイグル語を話すウイグル族

このように多くの民族で構成され、しかも人口が多いのが中国の特徴の一つです。

そのせいか多くの人々は積極的に他者を知ろうとし、多少の違いがあってもそれを受け入れる寛容性を持ち合わせているようです。

たとえば、長距離移動の電車「火车」(huǒ chē)に乗ると見知らぬ乗客同士ですぐにこんな会話が始まります。

Nǐ shì nǎ li rén?

A: 你 是 哪 里 人 ?

あなたはどちらのご出身ですか?

 

Wǒ shì Hénán de,wèi le shàng xué lái dào Běijīng。

B: 我 是 河 南 的,为 了 上 学 来 到 北 京 。

私は河南省出身です。大学で勉強するために北京に来ました。

 

Nà,nǐ de jiā rén dōu zài Hénán ma?

A: 那,你 的 家 人 都 在 河 南 吗?

という事は、ご家族は皆さん河南省におられるのですか?

 

Bù dōu shì,jiějie yǐ jīng chéng jiā,dào Guǎngdōng qù le。

B: 不 都 是,姐 姐 已 经 成 家,到 广 东 去 了。

Bà mā shì Huízú rén,hái zài Hénán。

爸 妈 是 回 族 人,还 在 河 南 。

全員ではありません。姉はすでに結婚していて広東省に行きました。父母はウイグル族でいまも河南省にいます。

 

Ò , wǒ tīng shuō guò,Hénán shì shǎo shù mín zú de rén kǒu zuì duō de shěng,guǒ rán shì。

A: 哦,我 听 说 过,河 南 是 少 数 民 族 的 人 口 最 多 的 省,果 然 是 。

あ、私聞いたことがあります。河南省は少数民族が最も多く暮らす省でしたね。そういうことでしたか。

壮族について

居住地

少数民族の中で人口の最も多い「壮族」について少しご紹介しましょう。

壮族」が最も多く住んでいる省は広西チワン族自治区「广西壮族自治区」(Guǎng xī Zhuàng zú zì zhì qū)です。

桂林山水」(Guì lín shān shuǐ)と称される山水画のような風景で有名な桂林を有する省です。これは「壮族」が暮らす山村の風景写真です。

彼らが暮らす地域は広範で、中にはベトナムの北部や、中国と国境を接するそれ以外の隣国内に住んでいる「壮族」もいます。

衣装

壮族」の民族衣装の原料は綿ですが、糸を紡ぎ、布を織り、染色するという工程をそれぞれの家庭が手作業で行います。

染色は主に青色、黒色、褐色の三色が主流です。衣装デザインは、男子、女子、未婚の女子でそれぞれ異なります。また大きなターバンは美しく、大いに目を引きます。

女性はイヤリングや腕輪などの伝統的なアクセサリーをつけるのを好み、富裕な人は金、貧しい人でも銀の飾りをつけると言われています。

習慣

少数民族には漢民族とは異なる習慣やしきたり、宗教的なイベントがあります。

壮族」の場合、農暦の三月三日に当たる日に祝う「三月三」(Sān yùe sān)という祭りが特別な祝日です。

地域によっては春節よりも大切で、一年で最も盛大に行われます。

その日には、もち米で作られた伝統食の五色飯を食べます。五色飯の由来説は色々あるようですが、一般的に黒、灰、黄、紫、白の五色で、大切な行事の際や、お客様をもてなす際に提供されます。

【文化は民族によって色々】

このように、55ある中のわずか一つの民族について紹介するだけでも、こんなにもたくさんの魅力を発見する事が出来ます。尽きない魅力を感じますね。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP