中国の生活

中国での値切り方

中国での買い物には値切る楽しみがあります。日本ではすっかり見られなくなった光景です。

もちろん中国でも、大きなデパートや高級店では値切れませんが、一般的な個人商店や、卸店の入った商業ビルでは、普通に讨价还价tǎo jià huán jià:値段交渉)がされます。

買い物に値段交渉は必須

讨价还价

wŏ mā shì tǎo jià huán jià de gāo shŏu

我妈是讨价还价的高手  

私の母は値段交渉の達人です。

北京には少し前まで、通りにそって露店が軒を並べ、衣服からバッグ、靴、中国茶器や小物まで売っている有名な場所が2か所ありました。

中国柄のデザインのものも少なくなく、外国人観光客のメッカ的な存在。有名ブランドに“酷似”した商品も・・・。

北京オリンピックを控えて、これらの通りは整備させ、大きなショッピングビルが建ち、多くの露店はその中に入居しました。

今でも観光バスが連日大挙訪れ、活況を呈しています。

北京に来たばかりのころ、私も買い物に行ったことがあります。

値切りのコツ

値切るコツは、まず半値以下から交渉することだと中国の知人に聞いたので、やってみました。

zhè jiàn zhōng guó yī fú tǐng piào liàng,duō shǎo qián yī jiàn?

客户:这件中国衣服挺漂亮,多少钱一件?

このチャイナ服、とってもきれい。一着いくらですか?

 

qī bǎi

商店:七百。

700元です。

 

tài guì le! pián yí yī diǎn ba。sān bǎi zĕn me yàng ?

客户:太贵了! 便宜一点吧。三百怎么样?

高すぎ! 少し安くしてください。300元でどうですか?

 

bié kāi wán xiào,tài pián yí le。liù bǎi

商店:别开玩笑,太便宜了。六百。

冗談いっちゃダメだよ。安すぎ。600元だ。

别开玩笑

突拍子もないこと、あり得ないことを言うと、「冗談言わないでよ」と、このように言われることがあります。

また、「你好厉害啊nǐ hǎo lì hài a)」と言われることも。「やってくれるじゃないか」というニュアンスです。

例えば、喧嘩して相手を激怒させることを言って、「你好厉害啊」なんて返されると、相手は怒り心頭ですので、要注意です。

zài pián yí yī diǎn ba,sān bǎi wŭ ba

客户:再便宜一点吧,三百五吧

もう少しまけてください。350元でどうですか。

 

bùxíng bùxíng, wŭ bǎi

商店:不行不行,五百

ダメ、ダメ。500元。

 

Nà biān yŏu bǐnǐ gèng pián yí de,wŏ qù nà lǐ mǎi

客户:那边有比你更便宜的,我去那里买。

あっちにあなたより安い店があるから、あっちで買います。

 

éi,nà wŏ gĕi nǐ sì bǎi xíng bù xíng?

商店:诶,那我给你四百行不行?

えっ、じゃあ、400元でどう?

「高いから要らない」「もっと安い店がある」と言ってその場を去ろうとすると、さらに値段を下げてきたり、後を追いかけてきたりするお店の人もいます。その場合、まだ値段が下がる可能性があります。

私の場合、一度お店を立ち去って、もう一度その店の前を通ったとき、お店のお姉さんが私の腕をつかんで、「给你三百啊」と持ち掛けてきて、最終的には200元まで下がりました。

ということは、相当ふっかけているんだなあ~と感心したものです。ですから、中国人は本当に良く値切ります。

例えば、私が値切った価格で2、3倍の量を買い込む強者もいます。

値切りの注意点

ただ、やはり最初から讨价还价しない店主もいて、最初から「不谈价钱bù tán jià qián)」と言われることもあります。

値段交渉お断り、「いい値で買ってください」という意味です。

また、外国人はほとんど行かない巨大卸市場もあって、ここでは衣服や日常品に加え、家電製品、文房具、食器、家具、内装資材までなんでもそろいます。

ただ、怪しい品物も少なくありません。

S社の家電なのに保障証はP社のものだったり、不良品で返品したくても、修理か交換しかしてくれず、返金してくれなかったりします。

値切って買う場合、高額商品は避けたいですね。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP