友達と中国語で話そう

中国の1日の挨拶

語学を学び始めて、最初の段階で勉強するのは「挨拶」。これは、どの言葉にも共通していますね。人間関係の基本はやはり挨拶から始まるからなのでしょう。

人付き合いは挨拶から

中国人の友達や話し相手ができて、「你好nǐ hǎo:こんにちは)」「!(zǎo:おはよう)」「拜拜bài bài:バイバイ)」なんて話しかけられる友達や話し相手ができると、「もっと話したい!」なんて意欲もわくものです。

 「你好」「!」などの基本を覚えたら、もっと自分の感情を込めた挨拶ができるようになりたい!

そうすれば、もっとお互いに親近感がわくはず、と思われるのもごもっともですが、その前に、1日に交わされる挨拶について、もう少し極めてみましょう。

TPOにあった使い分け

冒頭に朝に会った人に対する挨拶として「!」なんて書きました。皆さん、恐らく推察が付いていらっしゃると思いますが、これは「早上好zǎo shàng hǎo:おはようございます)」の省略形です。

用法の違いは、後者が「おはようございます」と丁寧であるのに対して、前者は「おはよう!」と軽めのノリです。

同輩や友達、家族との間では「!」は頻用します。ただ、会社の上司や年配の人など、少し距離感がある人に対しては避けた方が良さそうです。

朝の挨拶

それから、朝の挨拶には「早安zǎo ān)」もあります。これはどちらかというと、文語的で、一昔前に使われたそうです。

だからなのか、私は「早安」と声を掛けられたことは一度もありません。今の口語のスタンダードは「早上好」ですね。

夜の挨拶

この朝の「早安」に対して、夜は「晚安wǎn ān」があります。ところが「晚安」は、夜間に人と会ったときには使いません。

これは夜に人と別れる際に「さようなら」という意味で使ったり、寝るときに「お休み」という意味で使います。

夜に人とあったときは「晚上好wǎn shàng hǎo)」が一般的です。

いつでも你好

人と会ったときの挨拶で、時間を問わずに使えるのが「你好!」です。ただ、この「你好!」は、思いもよらないところでも使えました。

私が中国に来たばかりのころ、レストランで「服务员fú wù yuán:ウエイター、ウエイトレス)」を呼ぶのになんと言っていいのか分かりませんでした。

ま、「服务员~」と声を掛ければ良いのですが、そのときはなぜか、とても言いづらく思えたのです。

【レストランでも你好!】

そこで一緒にいた友人になんて呼べばいいのかを尋ねたところ、「你好!でOK!」と教えてもらい、「おおっ、これだ!」という感じでした。

服务员~」だけよりも、なんかちょっと丁寧な感じがしませんか。

それ以降、「服务员」を呼ぶときは、「你好服务员~」と声を掛けています。

ご飯食べた?

また、「你好!」同様に、

chī fàn le méi yŏu

吃饭了没有

ご飯は食べましたか?

 

chī fàn méi yŏu

吃饭没有

ご飯、食べた?

と声を掛けられることもしょっちゅうです。

これはイギリス人の「How’s weather?」や大阪の「儲かってまっか?」みたいなもので、その国や地域特有のもので、人々が一番関心を寄せているものを題材に挨拶言葉としています。

中国といえば“食在中国”ですものね。

中国人の友人には、子供のころご両親から教えられたのは、「3食しっかり食べろ」ではなく、「お腹がすいたら必ず食べること」だという人がいます。

とにかく食べます。量もすごい。日本食を食べたことのある友人から、

rì bĕn liào lǐ zhēn shì chī bù bǎo.

日本料理真是吃不饱 

日本料理では本当にお腹がいっぱいにならない。

と言われて納得したほどです。

別れの挨拶

そして、別れ際の挨拶は、「再见」「拜拜」、夜なら「晚安」とも言えます。「告辞gào cí)」も使えます。

告辞」の場合、今は単なる別れのときの挨拶として使われますが、昔は主人に対して「お暇をいただきます」という意味で使われていたそうです。

wŏ gào cí le 

我告辞了。

失礼します。

再见」は読んで字のごとく、再開を期した別れの言葉です。

これに類似する言い方として、後に会うことがある程度明らかなときは明天见míng tiān jiàn:また明日)」「后天见hòu tiān jiàn:また明後日)」、

あるいは、絶対に会わなければいけないようなシチュエーションでは「不散不见bù sǎn bù jiàn:会うまで帰らない)」を使ったりします。

zán men yuē hǎo le, míng tiān, bù sǎn bù jiàn, hǎo ba?

咱们约好了,明天不散不见,好吧?

約束したんだから、明日は会えるまで帰らないから。いいね!

また、別れ際の挨拶では、例えば職場であれば、「辛苦了xīn kŭ le」「先走了xiān zŏu le」などと組み合わせることも多いです。

wŏ xiān zŏu le, míng tiān jiàn!

我先走了,明天见!

お先に失礼します。また明日!

挨拶を中国語で

さて、ここまで1日の挨拶を見てきました。ではそもそも、中国語で挨拶自体を何というのかというと、「问候wèn hòu)」「寒暄hán xuān)」「打招呼 zhāo hū)」となります。

问候」の「」は「時節」を意味します。「寒暄」は、「」が「寒い」、「」が「暖かい」という意味で、いずれも「季節を問う」、即ち「時候の挨拶」となるでしょうか。

打招呼」の「招呼」は「呼びかけ」「声掛け」の意味で、「」が付いて「挨拶する」「声を掛ける」という意味です。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP