中国グルメ・食文化

中国で人気な日本のファーストフード

世界遺産に登録された日本料理。中国にも、都心部には本格的な日本料理のお店から軽食チックなお店もたくさんあります。

ただ、“日本ブランド”なだけに高い!それでも“やめられない、止まらない”、お手軽で人気の日本版ファーストフードをご紹介します。

日本式ラーメン

日式拉面rì shì lā miàn

ベンツを駆って中国人のお金持ちが食べに来るのが日式拉面拉面の発祥の地は中国ですから、逆輸入となりますね。

日本に拉面が伝えられたのは江戸時代。明国から亡命した儒学者である朱舜水zhū shùn shuǐ)が、水戸光圀翁がうどんでもてなしてくれたお礼にと、中国の「汤面」(tāng miàn:汁麺)を振舞ったといいます。

中国語で面

中国語で「」(miàn)は、小麦粉などを使った“粉もの”を指すことはみなさんご存知だと思います。

その面が長くなると「面条」(miàn tiáo)となり、製造方法や原料のちょっとした違いで「拉面」、あるいは「抻面」(chēn miàn)と呼ばれ、スープでいただく汁麺は汤面と言います。

中国、汤面の種類

中国でもよく食べられる汤面は、「兰州・牛肉面」(lán zhōu・niú ròu miàn:蘭州の牛肉麺)、「四川・担担面」(sì chuān・dān dān miàn:四川の担々麺)。

西红柿鸡蛋面」(xī hóng shì jī dàn miàn:トマトと玉子の麺)、「河南・烩面」(hé nán・huì miàn:河南の餡かけ麺)等々、その種類は豊富です。

ラーメンスープ

では日式拉面は何が特徴かというと、濃厚な「面条汤」(miàn tiáo tāng:スープ)だといわれます。

確かに、「底/汤汁」(tāng dǐtāng zhī:スープの素、出汁)は手間暇かけますね。

猪骨zhū :豚骨)やjī gŭ:鳥ガラ)、海米hǎi mǐ:干しエビ)、鰯鱼干ruò yú gàn:乾燥鰯)、鲣鱼节jiān yú jié:鰹節)などをふんだんに使い、そのままでもイケる猪骨など。

さらに「味噌」(wèi cēng:みそ)、「酱油」(jiàng yóu:醤油)を加えた基本の味噌汤酱油汤、辛味を加えた激辛スープの「地狱拉面」(dì yù lā miàn:地獄ラーメン)も人気です。

回転寿司

回转寿司huí zhuǎn shòu sī

日本では回转寿司の登場で、高級料理だった寿司が庶民のものになったというイメージがありましたが、中国ではやはり高い! 

一碟两个」(yī dié liǎng gè:一皿2貫)9元~となっています。

中華のファーストフード・ランチ「青椒肉丝盖饭」(qīng jiāo ròu sī gài fàn:青椒肉絲掛けご飯)や「鱼香肉丝盖饭」(yú xiāng ròu sī gài fàn:魚香肉絲掛けご飯)など「盖饭类」(gài fàn lèi:丼もの類)の一食7元~と比べて圧倒的に高いです。

種類

寿司の種類は、大きく分けて「握寿司」(wò shòu sī:握り寿司)と「卷寿司」(juǎn shòu sī:巻き寿司)。

卷寿司はさらに、「细卷」(xì juǎn:細巻き)、「里卷反卷」( juǎnfǎn juǎn:裏巻き)。

军舰卷」(jūn jiàn juǎn:軍艦巻き)、「太卷」(tài juǎn:太巻き)、「手卷」(shŏu juǎn:手巻き)と分けられます。

里卷反卷以外は日本語そのまんまです。

人気のネタ

人気のネタは「鳗鱼」(màn yú:ウナギ)。ウナギとアナゴを区別しているのか、という疑問はいまだ解けていないのですが、念のため、アナゴは「星鳗海鳗」(xīng mànhǎi màn)です。

近年、中国人の富裕層を魅了してやまないマグロは、金枪鱼鲔鱼吞拿鱼jīn qiāng yúwĕi yútūn ná yú)。

独特の風味を醸し出す稲荷寿司は、腐皮油扬寿司豆皮寿司fŭ pí yóu yang shòu sīdòu pí shòu sī)。

日本では見られないような、红酒烩牛肉寿司hóng jiŭ huì niú ròu shòu sī:牛肉の赤ワイン煮込み寿司)は、中国ならのお寿司でしょうか。

盛り合わせ

なお、寿司の盛り合わせは、寿司摆盘寿司拼盘shòu sī bǎi pánshòu sī pīn pán)です。

おでん

好炖hǎo dùn

好炖は北京オリンピック前に日本の「七十一便利店」(qī shí yī biàn lì diàn:7-Eleven)が大挙中国に進出してから、とてもポピュラーな食べ物になりました。

品揃え

具材は、日本の定番で、「萝卜」(luó bo:大根)、「海带」(hǎi dài:昆布)、「鸡蛋」(jī dàn:玉子)、「维也纳香肠」(wéi yĕ nà xiāng cháng:ウインナー)。

牛筋串niú jīn chuàn:牛筋串)、小结魔芋丝xiǎo jié mó yù sī:結びしらたき)、「八珍豆腐饼」(bā zhēn dòu fŭ bǐng:がんもどき)など、結構、満足の品ぞろえ。

ちょっと変わり種となると、「扇贝柱串」(shān bèi zhù chuàn:ホタテ貝柱串)、「菠菜蛋糕」(bō cài dàn gāo:ほうれん草入り厚焼き玉子)、「海苔鸡肉棒」(hǎi tāi jī ròu bàng:つくねの中央に海苔を巻いたもの。

培根金针菇」(péi gēn jīn zhēn gū:えのきのベーコン巻)、「紫菜豆腐包」(zǐ cài dòu fŭ bāo:海苔きんちゃく)と、いいお出汁が出そうなラインナップです。

【セブンイレブンのおでんとおにぎりでランチ】

七十一便利店では、饭团fàn tuán:おにぎり)もありますから、ランチに「七十一便利店」の前で好炖をおかずに饭团を頬張る中国人も結構見かけますよ。

ためしてみたい芥末凤爪

最後に一つ、日本料理ではないのですが、日本の調味料を作った小吃xiǎo chī:小料理、軽食)をご紹介します。

芥末凤爪jiè mò fèng zhuǎ)です。

凤爪はいわゆる鳥足、“もみじ”です。中国人は大好きですが、外国人は、見かけがグロなので、避けたがる人も少なくありません。

でも、コラーゲンたっぷり、美肌にはもってこいの食べ物。普通は酱油や酢、胡椒などで味付けしますが、芥末味の凤爪を出しているお店にときどきぶつかりました。

機会があったら是非挑戦していただきたい逸品です。

【中国でも気軽に日本食を】

海外に出ても、気軽に日本食が味わえるとうれしいですね。それに、世界三大料理の一つを擁する中国に、日本の食文化が浸透していくというのも、誇らしくありませんか?

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP