中国語で会話

中国語で少々お待ちください/ちょっと待ってくださいは何と言うの?

中国語で「ちょっと」と言う場合:请稍等一下(少々お待ちください・ちょっと待ってください)

中国語で「ちょっと」と言う場合、「一点」「一下」の二種類があります。

両者の違いは「一点」の方は数量や分量「一下」は時間を表していますから見分けは簡単ですね。

実際に話すときは「一点儿」「一下儿」と言う事が多いでしょう。

「一点儿」は量を示しますから、名詞や形容詞とセットになっています。

jīn tiān dù zi bù shū fu zhǐ chī le yī diǎnr xī fàn

今 天 肚 子 不 舒 服 , 只 吃 了 一 点 儿 稀 饭 。

今日はお腹の調子が悪いので、おかゆを少し食べただけです。

普通は「一点」の後に名詞や形容詞を置きますが、強調するために名詞を前に持っていくこともできます。

jīn tiān méi yǒu shí yù wǔ fàn zhǐ chī le yī diǎnr

今 天 没 有 食 欲 , 午 饭 只 吃 了 一 点 儿 。

今日は食欲が無くて、昼食はちょっとしか食べませんでした。

否定する文で、「ちょっと」ではなく「全然~ない」という意味

動詞を否定する文では、「ちょっと」ではなく「全然~ない」という意味になります。

jīn tiān méi yǒu shí yù wǔ fàn yī diǎnr dōu méi chī

今 天 没 有 食 欲 , 午 饭 一 点 儿 都 没 吃 。

今日は食欲が無くて、昼食を少しも食べられませんでした。

一方、「一下」は動詞にかかる副詞ですね。

xiàn zài tán yí xià qì yuē de nèi róng

现 在 谈 一 下 契 约 的 内 容 。

契約内容について、少しお話しましょう。

hǎo jiǔ bú jiàn . dào wǒ jiā zuò yí xià .

好 久 不 见 。 到 我 家 坐 一 下 。

お久しぶりです。ちょっと我が家に寄っていきませんか。

書類や情報などを話題にしている場合は、「一些」という語を使うこともあります。

yǒu méi yǒu xīn de qíng bào gào su wǒ  yī xiē

有 没 有 新 的 情 报 , 告 诉 我 一 些 。

新しい情報があれば、私にちょっと教えてね。

動詞の繰り返しや「動詞+一+動詞」という表現

「一下」の使い方は「動詞+一下」ですが、動詞の繰り返しや「動詞+一+動詞」という表現をしてもほぼ同じ意味になりますね。

kàn yí xià

看一下

kàn kàn

看看

kàn yī kàn

看一看

ちょっと見る

「看看」などのような動詞の繰り返しによる表現は、やや幼児語っぽい印象を受けます。

こうした表現は親しい間柄で使用するケースが多く、よく知らない他人に向けて使うのはどうかとも思われます。

お客さんや目上の人にも使うべきではないでしょう。

言い方によっては横柄な印象も与えますから、あまり使わない方が良いのかもしれませんね。

「稍」という丁寧な表現

また、反対に非常に丁寧な表現としては「稍」という語もあります。

qǐng shāo děng yí xià

请 稍 等 一 下。

少々お待ちください。

「ちょっとの間」を意味する言葉

ところで、「一下」と同様に「ちょっとの間」を意味する言葉に「一会」があり、「一下」とまったく同じように使います。

「一会儿」という言い方が一般的なのも同じですね。

xiān děng yí huìr zài xià jué dìng

先 等 一 会 儿 再 下 决 定 。

もうしばらく様子を見てから判断します。

「ちょっと~してみる」という表現

また、「試しに~する」といったニュアンスで「ちょっと~してみる」は、動詞の後ろに「看看」を付けて表現します。

nà shì shén me zì xiě gěi wǒ kàn kàn

那 是 什 么 字 ,写 给 我 看 看 。

それはどんな漢字ですか?ちょっと書いてみてください。

「~してみる」の表現

「書いてみる」だけではなく、「行ってみる」や「食べてみる」などほぼ日本語「~してみる」の表現に対応して翻訳できますね。

zhè píng xiāngshuǐ de xiāngwèi wén kàn kàn

这 瓶 香 水 的 香 味 闻 看 看 。

この香水の香りをかいでみてください。

「香りをかぐ」は中国語で「聞」です。

日本語の「聞く」は中国語では「听」ですね。

ただ、日本語でも「香(こう)」は聞くと言います。

香道ではお香の香りを楽しむことを「聞香(もんこう)」としています。

元々「聞」には音を聞くという意味と香りをかぐという意味の二通りがあり、現代中国語では「かぐ」意味のみに、日本語では主に「聴く」意味に使っているわけです。

面白いものですね。

チャイニーズドットコム中国語教室

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで中国通になれる無料のメールマガジン

  • 中国人の友達がほしい
  • 中国の文化や習慣をもっと知りたい
  • 中国語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まず中国人がどんな人かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 中国語で自分の意思をはっきり伝える方法
  • 中国の会社における役職の名称とは
  • 簡単な中国語で、中国人との距離感は縮める方法とは!
  • 中国では、初対面でプライベートなことを聞かれるのはなぜ?

無料メールマガジン

新着中国語レッスン

PAGE TOP