中国の生活

中国の暦-夏から立秋

中国の暦-夏から立秋

よく天気予報で気象予報士の方が、「今日は二十四節季では○○という日になります。」とおっしゃっていますよね。
今回は、その暦にまつわるお話をしましょう。

中国華北地方で一番体感的に暑いのは六月から七月です。

中国の南の地方(南 方)nán fāngたとえば上海や香港などの夏と言えば、ねっとりとした蒸し暑さが特徴で、お店やホテルに入ると空調機器がガンガン効いています。

「今 天 特 别 热 !」jīn tiān tè bié rè
「今日は特別暑いね!」とか、

「热 死 我 了 !」 rè sǐ wǒ le
「暑くてたまらない!」

というのがちょっとした挨拶の初めの言葉になったりします。               

それに反して、北京周辺を含む北の地方(北 方)běi fāngは夏でも湿気が少ないと言われており、少し地方へ行くと、大きな百貨店でも空調をつけるのはあまり好きではないようです。
個人で自宅にクーラーをつけている家も、決して多くはありません。 

「クーラーをつける」というのは

「开  空  调」kāi kōng tiáo

「ここ、クーラーつけてますか?」と尋ねる時は

「这 里 开 空 调 了 吗 ?」zhè lǐ kāi kōng tiáo le maと言います。

8

これは、我慢できるレベルであるともいえますし、電気代を節約しているとも言えますが、実際のところやはりどうしても暑くてたまらない夏日というのが、最低でも2~3週間はあるものです。

「我 不 喜 欢 开 空 调。」wǒ bù xǐ huan kāi kōng tiáo
つまりわたしクーラー嫌いなの。という人は結構いますし

「我 怕 受 凉。」wǒ pà shòu liáng
冷えるのが嫌だからという人も結構います。

困るのはタクシーに乗る時です。
北京や上海といった大都市ではそうでもないようですが、運転手主体でお客様の意向などまったく後回しという町だと、クーラーをつけてくれない事が多々あります。
車内はボンネットが焼けてけっこう熱いですから、こっちはクーラーをかけて欲しいので、窓を閉めているタクシーを探します。
やむなく窓を開けて走っているタクシーが来た場合に、目的地はともかくとして、

「开 空  调 可 以 吗 ?」kāi kōng tiáo kě yǐ maと聞くと、

無視されて乗車拒否なんてしょっちゅうです。
それだけ、運転手のみなさんは自分の体に気を配っているという事かもしれませんね。

さて、八月もはじめのうちは暑い日が少し続きますが、なんと2014年の立秋は8月7日。
中国華北地方は確かにこの日を前後に一気に秋らしい涼しさになりました。
その前日まで、毎日30~33度以上の暑さに寝苦しさを感じていたのがまるで嘘のよう。
ひと雨降って、風が吹いたら、まあ涼しいを通り越して寒いくらい。
一気に夜は17度前後になったところが多かったようです。

余りの涼しさに、あくる日の朝はご近所さんとこんな会話をします。

shàng zhōu tiān qì hái shi zhè me rè ,zhēn méi xiǎng dào ,jīn nián lì qiū yí
「上  周  天 气 还 是 这 么 热 ,真 没 想 到 ,今 年 立 秋 一
dào tiān jiù zhè me liáng kuài ,zhēn rang rén jīng yà le
到 天 就 这 么 凉 快 , 真 让 人 惊 讶 了 !」

shutterstock_162510518先週まであんなに暑かったのに、思いもよらなかったわ、立秋がきたとたんこんなに涼しくなるなんて、本当びっくりさせられちゃった!

日本で「今日は立秋です。」なんて言われても、まだまだそんな気配は全然しませんが、さすが二十四節季発祥の地。
今年は暦の正しさが裏付けられた感じがします。   
二十四節季(「二 十 四 节 气」 èr shí sì jié qìとは簡単に説明すれば、一年を24等分して、季節を示すのに用いる中国伝来の語です。(参考:「広辞苑」)
一年を十二の「中気」と十二の「節気」に分類し、それらに季節を表す名前がつけられています。
中国の古代漢民族の農業労働者たちの長期にわたる経験と智慧の結晶であり、春秋戦国時代に形成されたもの、という説明もあります。

この暦に基づいて、古代から農民はいつどんな農耕作業をするかを決めていたというわけです。
それで中国独自の暦は「农 历」nóng lì(農暦いわゆる旧暦もしくは陰暦です)といいます。

shutterstock_240454558立秋は毎年農暦の七月一日前後となっています。

とはいえ、中国は国土が広いですから、すべての場所で同時に季節が進むとは限りません。
それでも、この暦の感覚は中国人にとってなくてはならないものなんです。
こうした暦と季節の移り変わりに合わせて、食材や栄養補給食材をこまめに変えていくのが彼らの健康法のひとつと言えます。
つまり夏には夏なりの暑さ対処法があるわけです。

たとえば、夏の庶民の味方の果物といえば西瓜。
中国ではいまでも、西瓜を大型トラックに山積みにして街角で売っているのが夏の風物詩です。
地方都市だと西瓜の最盛期には一番安くて「1斤0.8元」(日本円になおすと500gあたり13.6円)ほど、言い換えれば250円前後も出せば10kg近い西瓜が買えます。
西瓜には解熱作用と、熱中症の症状を和らげる働きがあるので、みんなどんどん買っていきます。           

また夏の暑い時の中国人が好んで食べるのが、「小 米 绿 豆 粥」(xiǎo mǐ lǜ dòu zhōu)(粟と緑豆のお粥)です。 
熱中症、暑さからくる喉の渇き、食中毒などの症状を和らげる効果があるからのようです。
9ちょっと時間はかかりますが、作り方は簡単。

①鍋に洗った緑豆を入れ、たっぷりの水で火をかけます。
②沸騰してから弱火で40分煮ます。
③豆が柔らかくなったら、洗っておいた粟を加え、さらに30分ほど煮ます。
④粟が、花が咲いたように開いたら火を止め、氷砂糖を好みの量だけ入れます。
⑤冷めたらいただきます。(好みの濃度に調節してください。

暑い夏に少し中国人の知恵を拝借して、胃袋を休めるのに最適です。
一度試してみませんか?

チャイニーズドットコム中国語教室

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで中国通になれる無料のメールマガジン

  • 中国人の友達がほしい
  • 中国の文化や習慣をもっと知りたい
  • 中国語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まず中国人がどんな人かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 中国語で自分の意思をはっきり伝える方法
  • 中国の会社における役職の名称とは
  • 簡単な中国語で、中国人との距離感は縮める方法とは!
  • 中国では、初対面でプライベートなことを聞かれるのはなぜ?

無料メールマガジン

中国の暦、今年はちょっと特別前のページ

中国の家は広いため部屋の内装が大変次のページ

新着中国語レッスン

PAGE TOP