友達と中国語で話そう

中国語の表現(見たことがない)

漢字熟語の否定語

漢字熟語の否定語といえば不敗の「不」無敵の「無」非常の「非」未満の「未」などでしょうか。

昔、漢文を習った時にはもっとたくさんあったような気もしますが、現代日本語で使うのはその4つくらいですね。文章の打ち消し表現として使われる否定語

ただし、文章の打ち消し表現として使われる否定語は、助動詞の「ない」と「ぬ」と「まい」の3つです。

では、漢字の国の中国ではどうかというと、現代中国語の会話で打ち消しに使う否定語は主に「不」と「没」です。

もちろん中国語でも未成年とか無意味といった言葉は使いますが、これは英語でいうanti- とかun- とかdis- といった否定接頭辞を備えた単語であって、否定文という訳ではありませんね。

上述のように、中国語の否定文で使われるのは「不 (bù) 」か「没(méi) 」です。

動詞や形容詞を否定し、通常は大抵「不」を使います。

「没」を使うのは、没有(méi yǒu)、没关系(méi guānxi)のように有るの否定の場合(無い)や、過去の経験の場合です。

bù dú nà běn shū

不读那本书。

その本は読まない

 

méi yǒu dú nà běn shū

没有读那本书。

その本は読んだことはない

形容詞の否定語

形容詞の否定は、過去の場合でも不ですね。過去形が無いのが中国語の困ったところです。

nà shāng pǐn bù pián yi

那商品不便宜。

その商品は安くない

 

nà shāng pǐn bù pián yi

那商品不便宜。

その商品は安くなかった

会話で打ち消しに使う否定語

「不」や「没」を使って否定するときは、否定する動詞や形容詞の前に置きます

  zhè ge hái zi bù tīng fù mǔ de huà

  这个孩子不听父母的话。

この子は親の言うことを聞かない

 

 tā shuō de huà tīngbudǒng

 他说的话听不懂。

彼の言っていることは判らない

「会」や「能」、「喜欢」などがあると、それらの前に置くことになります。

   wǒ bù néng chī xiāng gū

   我不能吃香菇。

私は椎茸が食べられない

 

 wǒ bù xǐ huān zǎo qǐ

 我不喜欢早起。

私は早起きするのが嫌いです[好きではない

中国圏での注意書き

ところで、中国圏ではよく下のような注意書きを見かけます。

    qǐng wù chù mō zhǎn lǎn pǐn

    请勿触摸展览品

  (展示品に触れないでください

「~するなかれ」という否定語 

 「勿」は学生時代に習った漢文によく出てきましたね。「~するなかれ」という否定語です。

現代中国語は古典の漢文とはずいぶん語彙も違っていますが、こうして現役で使われている語もありますね。

 もちろん書き言葉なので、会話で使うことはありません。 会話では

     qǐng bú yào mō zhǎn lǎn pǐn

     请不要摸展览品

となりますね。

「勿」の字は、「勿忘草」(わすれなぐざ)の名前でもよく知られます。

毎日コツコツ覚えたことをしっかり身につけて、忘れないでくださいね。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP