中国の生活

中国マッサージ店で

中国での楽しみの一つは何と言ってもマッサージですよね。日本の半額でたっぷり60分、初回はそれに足の裏マッサージまでサービス、なんてのもあってすっかりはまってしまいます。

さて、今回はマッサージ関連のフレーズをご紹介しましょう。

マッサージ店でー按摩店会话

wǒ yào quán shēn

我要全身

全身マッサージお願いします

 

wǒ zhǐ yào zú dǐ

我只要足底

足裏だけでいいです

メニューには気功マッサージとか、治療目的のマッサージとかもあって、少し値段高めのそっちを勧められるかもしれません。

普通のリラクゼーションマッサージで良ければ、こう言いましょう。

wǒ jìu yào zhōng yī bǎo jiàn

我就要中医保健

普通のリラクゼーションマッサージでいいです

マッサージ師

なぜか男性客には女性マッサージ師を、女性客には男性マッサージ師をあてることが多いです。一種のサービスのつもりでしょうか。

本当は男性には指が太くて力の強い男性マッサージ師、女性には指が細くてピンポイントでツボに触れられる女性マッサージ師の方が良いのですが。

ただ一般にやはり女性マッサージ師を希望するお客が多いようです。女性マッサージ師を希望する時、時々

wǒ yào nü hái

我要女孩

と言っている人がいますが、これは「私は女の子が欲しい」という意味になり、男性が言うと特にいやらしいのでやめましょう。

wǒ yào nü ān mó shī

我要女按摩师

と、さっぱりと言うのが正しい表現です。

痛いところ

マッサージを始める前に、

nǎ li bù shū fu

哪里不舒服?

どこか痛いところはありますか

と聞かれます。

jiān bǎng yìng

肩膀硬

肩が凝ってます

 

yāo téng

腰疼

腰が痛い

 

bó zi bù shū fu

脖子不舒服

首の調子が悪い

イタタタ!

さてマッサージが始まります。グリグリッ、グリグリッと中国四千年の指が体に食い込んで来て、思わず

téng

疼!疼!

イタタタ!

と叫んでしまいますが、マッサージ師は平然とこう言います。

téng bù téng ba suān ba

疼?不疼吧?酸吧?

痛い?痛くないでしょ?「酸」でしょ?

この、「」と「」の違い、私も中国にかなり長く住んでいましたがいまいちピンと来ませんでした。この「」という感覚、日本語に全くないのです。

疼と酸の違い

」は日本語で言う普通の痛み、つまり傷とか、炎症とか体に悪い刺激が加わって発生する痛みです。

対して「」はツボをググッと押されてキクゥーっと言う、強いて言うと(あくまで強いて言えばですが)ー「イタ気持ちいい」にややですが近いです。

そう言えば、あのキューっと効く感じ、「体が酸っぱい」気がしませんか・・・?

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP