中国事情

中国から荷物を送る

大家好,最近过得怎么样?皆さんこんにちは、お元気でお過ごしでしょうか。

荷物を中国から日本へ送るときの表現の言葉

中国に出張などで行った時に、荷物を中国から日本へ送ることができると便利です。

それで、今回はどのようにして荷物を安全に送ることが出来るのかを紹介したいと思います。

邮局

在中国寄送东西的时候,可以用邮局。

中国で荷物を送る時に郵便局を使う事ができます。

其他快递公司也可以的。

他の運送会社も使う事ができます。

但,我的话用邮局,因为,邮局有较可靠的感觉。

しかし、私は郵便局を使います。郵便局は幾分安心できる感じがするからです。

邮寄办理方法

ということで、郵便局で荷物を送る方法ですが、

首先,带东西去邮局,然后,在单上写上地址等信息。

まず、荷物を持って郵便局に行きます。そして、伝票に住所など必要事項を記入します。

在单上写的时候,按上面的填就可以了。

伝票に記入する際に、用紙に書かれているとおりに記入していきます。

也在单上写上你的保价。

伝票には保証金額も記入します。

伝票の寄件人は、荷物を送る人で、收件人は、荷物を受け取る人になります。

中国では自分の住所は会社の住所にすることも多いです。

日本から送ってもらう場合もそうです。

そのほうが確実に届くからでしょう。

それぞれ住所、名前を記入します。

荷物を持って行く時ですが、箱を用意しなくてもいいです。

袋やカバンに荷物を入れて持っていけば大丈夫です。

荷物を箱に詰めるときの言葉

然后,在包装盒里放好东西,然后,用胶带封一下就可以。也可以自己包装。

そして、ダンボール箱に荷物を詰めます。そして、テープでとめて出来上がりです。自分で包装することもできます。

 包装箱子的话,如果自己本身有包装而且安全的话就不用了。因为邮局的包装箱子也要收费的。

ダンボール箱ですが、もし自分で包装してあるなら必要ないです。郵便局の箱もお金がいるからです。

ダンボールの箱のことを纸箱子とも言います。

用紙に必要事項を記入しますが、ダンボール箱にも同じく宛先と送り主の住所を直接記入するようになっています。

荷物を中国で出すときの流れの言葉

3,4箱あるなら結構時間がかかります。

填好单子和包装好后,工作人员会称重,划价。

用紙に記入して包装が済むと、係りの人が荷物の重さを計って、料金を出します。

然后,缴费后收到回执单。

そして、支払いをして領収書を受け取ります。

 

料金ですが、郵便局で船便にした場合、15KGで約300元ぐらいです。

飛行機で手荷物にして持って帰ることを思うと、荷物を送るのは楽です。

料金的にもまあまあです。

荷物が多い場合は、伝票とダンボールをもらっておいて、家で記入し、荷物を包装した後に、家まで取りに来てもらうという方法もあります。

余分に料金がかかりますが、荷物が多いときには便利です。

中国から荷物を送る時にも、中国語をある程度理解して話せるなら助かります。

中国人の先生たちと会話のレッスンをしておくとそんな時に役立ちます。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP