中国語で会話

生活用语1(日常生活で使う中国語の言葉1)

日常生活でよく使われる中国語

今回は日常生活でよく使われる中国語を学習していきます。

同じ漢字といっても、中国語と日本語ではそれぞれの意味も、用法も違うものが多くあります。

例文を参考に、その点を掘り下げてみたいと思います。

早餐の使い方

早上好,你睡得好吗?要吃早餐吗?

おはよう、よく眠れた?朝ごはん食べる?

「得」は様態補語といい、ある動作について、それを評価する場合に用います。

「~得好」は、「~(動詞)した結果が十分である、優れている」といった意味合いになります。

「睡得好」を日本語に直訳すると、「眠って、その結果が十分だった」となります。

自然な日本語なら「よく眠れた」となりますので、「睡(眠る)」の程度を表す「好」「よく」の位置が、中国語と日本語では逆になることがお分かりいただけると思います。

この点だけを見ると、中国語は英語に近い部分がありますので、学習しはじめの頃は戸惑うことも多いと思います。

しかし慣れてくると、様態補語「~得」は非常に便利な言い回しですので、しっかり学習してください。

~得の使い方

我睡得很香。

ぐっすり眠れたよ

先给我一杯热咖啡吧。

食べるよ、先にホットコーヒーちょうだい

ここでも「~得」が登場していますね。

面白いのは、ここでは「睡得…」の程度を表すのに「香」を用いているところです。

同じ漢字とはいっても、中国語と日本語では意味が異なる漢字はけっこうあるのですが、この「香」もそのひとつ。

中国語の「香」には「よいにおい」という意味のほかに、「食べ物がおいしい」「ぐっすり(眠る)」「人気がある」といった、日本語にはない意味もあるのです。

我睡得不好。

あんまり眠れなかった

不要,今天胃口不好。

いらない、今日は食欲がないの

ここでの「胃口」とは「食欲」のことです。

「胃」「口」も、からだの器官をあらわす単語なので、一見すると「胃や口、つまり消化器官のこと?」などと勘違いしてしまいそうですね。

中国語にも「食欲」という言葉はありますが、話し言葉ではこの「胃口」が多用されます。

われわれ日本人は、漢字に慣れていることがかえって仇となって、中国語の漢字にも日本語と同じ意味を求めてしまいがちです。

それを防ぐには、日本語にある漢字でもひとつひとつ辞書で調べて、中国語における意味や用法を理解することが肝要です。

中国語学習ポイント

中国語を勉強するということは文字を暗記するのではなく、中国文化全般に対する知識を知ることです。

最近は中国の旅行、ビジネス、映画、ドラマ、付き合いが中国語を学ぶ動機となり、中国語学習者が急増しているので、本当に嬉しい限りです。

しかし、一方で少し残念な点は興味のある分野がかたよっている中国語学習者たちの理想と実際の学習時間のギャップが大きいということです。

これによって超スピードでマスターすることを夢見ていた学生たちが真の中国語を味わう前に挫折してしまうケースも少なくない。

語学力向上のために学習時間の投資と文化全般に対する知識は不可欠なことです

特に中国語の実力が向上すればするほど、文化全般に対する知識のバランスが何より重要です。

中国の文化、音楽、地理、文化、歴史等の知識は、中国語の味をより引き立たせせてくれます。

文化に対する幅広い理解と知識がなければ、途中で実力がとまってしまいます。

実力向上の秘訣はとまらずに反復することです

そして、とまらずにいる秘訣は学習時間の投資と文化の理解力を両方兼ね備えることだ。勉強すれば、あなたも中国語が話せるようになりますよ。

 

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP