中国の生活

中国語の表現(またね・バイバイ・さよなら)の使い方

「さようなら」はとても美しい日本語のあいさつですね。でも、普段実生活でみなさん使いますか?

「彼との別れを決意した時に使った」という方もおられるかもしれません。

さよならは言わないでー别说再见

そう、日本語の「さようなら」は、実はかなり決別を意識した時に使われます。言われるとぎくっとしますよね。

だから、外国人に教える日本語に「こんにちは、さようなら」が淡々と書かれているあれ、どうかと思うんですけど、まあそれは置いといて、中国語でも日常生活ではほとんど「再见」は使いません。

日常の(またね・バイバイ・さよなら)

私たち日本人が、親しい友達と別れる時は「バイバイ〜」「じゃあまたね」、目上の人やあまり親しくない人と別れる時は「では失礼します」などど使い分けるように、中国人も時と場合によりいろいろ使い分けています。

それでは、使えるフレーズをいくつかご紹介しましょう。

bǎi bǎi

拜拜~

バイバイ

一番簡単、これでOK。日本語のバイバイと全く同じ感覚で使えます。

声調はbái báibǎi bǎi が多いですが、高低をつけないでbåibåiでもOKです。

nà míng tián jiàn

那明天见

じゃあしたまた

学校の友達とか、明日会うことがもう決まっている時に。

nà wǒ xiān zǒu le míng tián jiàn

那我先走了,明天见!

じゃお先に失礼します

仕事を終えて職場を出る時に使います。上司・同僚・部下いずれに使っても可。

màn zǒu nǐ

慢走,你

気をつけてね

時間が遅くなったり、遠い所を帰る相手をちょっと気遣いたい時。最後に「」をつけるのがポイント。親しさ・丁寧さが増します。

たまに会ったり、これからしばらく会えなくなる人編

dǎ diàn huà lián xi

打电话联系

電話するね/電話ちょうだいね

 

yǒu jī hui zài lài

有机会再来

機会があったらまた来てね

 

chǎng lǎi a

常来,啊

またおいでよね

ちょっと正式編

dǎ rǎo le

打扰了

おじゃましました

相手が送ってくれようとしたら

xiè xiè liú bù

谢谢,留步

ありがとうございます、ここで失礼します

と、このあたりまで知っておいて使えればどんなシチュエーションでもたいてい間に合います。

最近のプラスα

でも最近は、日本・中国だけでなく、もうこれは世界のトレンドとして、別れた後もお互いソーシャル・メディアで連絡を取り合うのが普通。

yǒu shí jiān fā duǎn xìn

有时间发短信

時間があったらメッセージちょうだいね/メッセージ送るね

 

wǒ men fā wēi xìn

我们发微信

微信(We Chat)で連絡取り合おうね

と、今や別れても”さよなら”ではなく、えんえんと続いて行くのです。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP