中国グルメ・食文化

中国は餃子餡の種類が豊富

日本人が大好きな饺子‘(jiǎo zi)「餃子」。発祥の地・中国、とくに東北地方では最も食卓に上る料理のひとつです。

しかも、日本のようにおかずやビールのお供ではなく、れっきとした主食。調理法も違います。

中国の餃子

日本の餃子はフライパンや鉄板で焼いた煎饺「焼き餃子」(shuǐ jiǎo)ですが、中国では茹でた水饺「水餃子」なのです。

中国人がわざわざ煎饺を作るのは、水饺が余って翌日食べる時ぐらいでしょうか。日式煎饺には“残り物”的なイメージがあるようで、お客様にお出しすることはほとんどありません。

餡の種類

ところで、中国の水「餡」の種類も豊富。私たちからすればちょっと意外な具材もよく使います。

肉類

猪肉(zhū ròu) 豚肉

鸡肉 (jī ròu) 鶏肉

牛肉 (niú ròu) 牛肉

羊肉(yáng ròu) 羊肉

野菜

胡萝卜(hú luó bo) にんじん

西葫芦(xī hú lu ) ズッキーニ

茄子(qié zi) なす

番茄西红柿)(fān qié(xī hóng shì)) トマト

その他 

海参(hǎi shēn) なまこ

海米( hǎi mǐ) 干し(小)エビ

酸菜(suān cài葉野菜の発酵漬物

炒鸡蛋( chǎo jī dàn) いり卵

餃子の種類

定番の饺子と陷に使われる主な具材をいくつかご紹介しましょう。

1.三鲜(陷)饺子sān xiān (xiàn))

主な具材:肉類、野菜類、海鮮類の三鲜から1品ずつ具材が選ばれます。

2、酸菜饺子

主な具材:酸菜猪肉

3、羊肉饺子

主な具材:胡萝卜羊肉

4、牛肉番茄(西红柿)饺子

主な具材:番茄西红柿)、牛肉

個々の餃子の名称は、「饺子」が「水饺」だったり、陷に加える具材で変わることがあります。

たとえば、「牛肉番茄西红柿饺子」では、「牛肉」の変わりに「炒鸡蛋」が入れば「番茄西红柿鸡蛋饺子」となります。

注文方法

さて、いよいよレストランで注文する段に至ったとき、やはり日本とは異なる習慣に戸惑いを感じるでしょう。

日本のように「一皿」「一人前」と注文するのではなく、重さで注文します。

重さの単位は「」(jīn)か「」(liǎng)です。「」は500グラムで、「」は「」の10分の1の50グラムです。

でも、私たち外国人には、重さで注文するといっても、実際に何コぐらいの「餃子」が出てくるのか、おなかがいっぱいになるか分かりません。そんなときは、

yī jīn sān xiān jiǎo zi yǒu duō shao gè

一斤三鲜饺子有多少个?

500グラムで三鮮餃子は何コありますか?

 

yī jīn jiǎo zi, wǒ men sān gè chī gòu ma

一斤饺子,我们三个吃够吗?

餃子500グラムは、三人で食べるのに十分な量ですか?

一斤でだいたい餃子は60コぐらいありますので、いける! と思ったら注文しましょう。

餃子は持ち帰りも◎

仮に食べきれなくても、持ち帰りできるので便利です。ただし、気温が高いときは食中毒に要注意!

nà me lái yī jīn ba

那么,来一斤吧

それじゃあ、餃子500グラムください

 

shèng xià de (jiǎo zi) jiù dǎ bāo ba

剩下的(饺子)就打包吧

余った餃子は持ち帰ります

と伝えると、お店の人は餃子をパックに詰めてビニール袋に入れてくれます。

春节には餃子

ところで、中国で一番重要な行事・春节(chūn jié)「お正月」を迎える際も饺子は欠かせません。

春节の午前0時までに一家で饺子を包み、正午0時になるのを待っていただくという伝統があります。

つまり、子の刻(午後11時―午前1時)の真ん中の午前0時は新旧交わる時刻。

春节」(jiāo zǐ)でいえば旧年に別れを告げ新年を迎える時刻で「交子」。「交子」の発音が饺子に通じるため、家族で饺子を作って食べて新年を祝い、家族団らん、子孫繁栄を願います。

中国に行ったときは、ぜひとも本場のさまざまな餃子を味わい、中国人情緒を体感してみてくださいね。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP