友達と中国語で話そう

中国語比一比?(比べてみよう)

比較する様々な表現の言葉

比較する言葉もまた、日常会話ではよく使う表現の一つでしょう。

あれはこれよりも大きいとか、こうした方が早く終わるなど様々な表現がありますね。

基本的には、差のあるものを比較する場合と、何かと同じだと言う場合の二種類に大別されます。

基本は「A+比+B+形容詞」

比較を表す文の基本は「A+比+B+形容詞」です。

jìn kǒu chē bǐ guó chǎn chē guì

进口车比国产车贵。

(外車は国産車よりも高価です。

形容詞の程度を表す場合

形容詞の程度を表す語は、形容詞の前後につけます。

xīn sù de cān tīn bǐ sìgǔ hái duō

新宿的餐厅比四谷还多。

(四谷より新宿の方がレストランの数はずっと多いです。

程度を表す場合

程度を表す語には「很 hén」、「还」、「一点儿」などのものがあります。

zhǔn kuài bǐ pǔ tōng liè chē kuài yì diǎnr

准快比普通列车快一点儿。

(準急は、普通電車よりも少し速い。)  

tè kuài bǐ pǔ tōng liè chē hái kuài

特快比普通列车还快。

(特急は普通電車よりかなり速い。

 

xīng gàn xiàn shì zuì kuài de liè chēi

新干线是最快的列车。

(新幹線が一番速い。

最上の程度を表す場合

最上の程度を表すには、「他の誰よりも」という次のような表現もできます。

tā bǐ shuí dōu hái jīn tōng zhè xiàng yè wù

他比谁都还精通这项业务。

(彼ほどこの業務に精通している社員は居ません。

否定文にする時の表現

「比」の前に「不」を付けて表現

否定文にする時は、「比」の前に「不」をつけます

形容詞の前につけません。

héng bīn shì bù bǐ dōng jīng dà

横滨市不比东京大。

(横浜は東京より大きな街ではありません。

没有を使って否定する表現 

没有を使って否定することもできます。

また、「那么」で「~ほどは」という意味を付け加えられます。

jiù xíng méi yǒu bǐ xīn xíng nàme qīng qiǎo

旧型没有比新型那么轻巧。

(古いモデルは、新製品ほどはコンパクトではありません。

「AとBは同じくらい」という表現

「A跟B一样」という表現方法

大きい小さいや高い低いなど差を示すのが「比」なら、「AとBは同じくらい」という表現は「A跟B一样」となります。

xiǎomāo yǐ gēn mǔmāo yíyàng dà

小猫已跟母猫一样大。

(子猫はもう母猫と同じくらい大きくなりました。

「跟」は「和」に置き換えた表現方法

「跟」は「和」に置き換えても意味は同じです。

xiǎo māo yǐ hé mǔ māo yí yàng dà

小猫已和母猫一样大。

「A跟B一样」の否定形

「A跟B一样」の否定形「一样」の前に「不」をつけます。

dōng jīng de shēg huó gēn běi jīng bù yí yàng

东京的生活跟北京不一样。

(東京での生活は北京とは同じではありません。

「跟」の前に「不」をつけた場合の意味の違い

「跟」の前に「不」をつけた場合は意味が変化します。

A :wǒ de xìngqù gēn tā bù yíyàng

  我的兴趣跟他不一样

  (私の趣味は彼と違います。

 

B:wǒ de xìng qù bù gēn tā yí yàng

  我的兴趣不跟他一样

  (私の趣味は彼とは違います。

Aは「同じ趣味ではない」という意味ですが、Bの場合は「彼とは違うので一緒にしないで」というニュアンスになります。

Aでは「同じではない」ことに主眼が、Bでは「彼とは」違うことに主眼が置かれています。

中国語では語順が変われば意味に変わることが多いです。これもその一つです。

語順の違いや言い換えによるニュアンスの違いは、難しいですね。

上記の例で「比」の否定が「不比」でも「没有比」でも良いとしていますが、実は「不比」の方が「没有比」よりもよりストレートで強い語気に聞こえるようです。

といって、どんな語の場合でも「不」より「没有」で否定した方が良いかというとそうとも限りませんし、「不」でなければ否定できない語もあります。少しずつ慣れていきましょう。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP