中国語でビジネス

ビジネス中国語①メールの書式

今はお客様からの問い合わせや取引上のやりとりなど、メールやチャットの使用頻度が格段に増えていて、ビジネス中国語としては文章作成が重要になってきています。

そこで今回はビジネス中国語の基礎編として、メールの書き方を見てみることにしましょう。

メールの書き方

メール文章の基本構成自体は、日本語のメールとさほど違いはありません。まずは件名があって、宛名、あいさつ文、本文、締めです。

标题

biāo tí件名

用件の趣旨を簡潔に書きます。「××について」は、关于~guān yú~)となります。

guān yú shòu hòu wù

关于售后服务

アフターサービスについて

 

guān yú tuì huò wèn tí 

关于退货问题 

返品の問題について

 

guān yú shàng mén bài fang guì gōng sī yī shì 

关于上门拜访贵公司一事

貴社訪問の件について

关于~は使いやすい言葉で、確かによく使われますが、基本はあくまでも伝えたい内容の趣旨に沿った件名を簡潔につけること。

关于~がそぐわない場合もありますから、その時々で臨機応変に。

例えば、「新上任的问候xīn shàng rèn de wèn hòu:新任のご挨拶)」など。

收件人

(shōu jiàn rén受信者

日本語の「拝啓~」や「前略~」などに当たり、「尊敬的」+收件人の姓名を明記します。

役職が付いている方でしたら、お名前の下に役職を、役職が不明な場合は先生女士小姐をつけます。最後に「:」コロンを忘れずに。

zūn jìng de lǐ jīng lǐ: 

尊敬的李经理: 

拝啓 李経理

 

zūn jìng de xiān sheng/nǚ shì/xiǎo jiĕ:

尊敬的张先生/女士/小姐:  

拝啓 張様

女性への敬称は女士小姐となります。

女士は、英語のlady、 madam、Ms.、ma’am、young ladyに該当し、既婚女性と未婚女性のどちらにも使えて、その方の未既婚が不明な場合は女士を使いましょう。

小姐は、lady、Miss、young ladyに該当します。

一斉送信の場合は、「尊敬的」+「各位」「同事」「领导」となります。

zūn jìng de gè wèi tóng shì:

尊敬的各位同事:

各位 関係者各位 スタッフ一同

 

zūn jìng de gè wèi lǐng dǎo:

尊敬的各位领导:

責任者各位、チームリーダー各位

正文

(zhèng wén本文

开头kāi tóu:書き出し文):2文字空けて、您好!と書いて改行し、本文に移ります。

具体内容jù tǐ nèi róng:具体的内容):2文字空けて書き始めます。

2行目からは左詰めにします。内容が変わるときは、改行し2文字開けて書き始めます。

内容は業種によって実にさまざまですので、一般的なフレーズについて「ビジネス中国語2」で取り上げます。

结尾

jié wĕi結び

正文が終わったら改行し、2文字空けて「此致」と書きます。再び改行し、左詰めで「敬礼!」と書きます。

此致」は「お話はここまでです」、「敬礼!」は「あなたに敬意を表します」となるでしょうか。

きれいにまとめれば「謹んで申し上げます」ということになりますから、日本語の「敬具」に該当します。

此致敬礼!」の他に、「~」などの商売繁盛や健康を願う言葉をいれることもあります。

著名

zhù míng署名

発信者の名前を記します。メールソフトの署名機能に登録してある社名、氏名、役職、住所、電話、ファックスなどを使っても大丈夫ですが、4行以内にまとめるのが適当なようです。

日期

(rì qī日付

メールは発信日時が自動的に表示されますから必要とも思ってしまいますが、中国の場合は敢えて記します。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP