中国語を独学できる/中国語講座レッスン

学習方法・ポイント

最初に覚えたらいい中国語

中国語を勉強し始めようというときに、どんな言葉から覚えたらいいでしょうか?

もちろん谢谢xièxie)などの短いフレーズから覚えるのもいいですが、本当に中国語が上達したいなら、最初に覚えたらいい中国語があるのです。

日本人が満足してるだけのフレーズ

日本人が中国語を勉強するときの教科書は、日本人が満足感を味わえるように作られています。

つまり日本人が日本文化の中で初めてあった人にこう言いたい、と思うようなフレーズがのせられているのです。

ですが、そのフレーズは中国文化では適切でない場合は少なくありません。例えばこんな中国語です。

chūcìjiànmiànqǐngduōguǎnjiào

初次见面、请多管教

初めまして、今後よろしくお願いします

ごくごく自然に感じるこの中国語は、日本人が言いたいだけの中国語で、中国人が聞いたら笑ってしまうレベルの使わない中国語です。

日本人は初めてあった人に日本文化に基づいて謙虚な気持ちを言い表し満足かもしれません。

しかし、中国文化では最初の挨拶はお互いの距離を詰めるという目的なので、違和感しかありません。

こんな中国語、むしろ覚えないほうがいいでしょう。では中国人は最初にあった時にどんなふうに挨拶するのでしょうか?

 中国語を独学できる/中国語講座レッスン

覚えたほうがいい中国語

最初の挨拶

中国文化では最初にあった時、こんな風なやり取りがなされます。

nǐhǎonǐhǎowǒjiào〇〇qǐngwènzěnmechēnghūnǐ

你好你好。我叫〇〇。请问怎么称呼你?

こんにちは。わたしは〇〇といいます。あなたをどう呼んだらいいですか?

仲良くなることが目的なので、中国文化では最初に誰かにあった時、こんな軽い感じではいります。この你好你好nǐhǎonǐhǎo)という軽いフレーズを覚えましょう。

もしかしたら日本で売っている中国語の教科書には、畏まった言い方の「あなたのお名前は?」を意味する「您贵姓」(nínguìxìng)とか、それに対する返答で「免贵姓」(miǎnguìxìng)などは相手への礼儀なので自己紹介の時に覚えましょうなんて書いてるかもしれません。

しかしそれも中国で日本文化を実践したいだけの独りよがり中国語なので、覚えないほうがいいかもしれません。

発音上昇

さらにどんな中国語を覚えたほうがいいのでしょうか?中国文化に沿った挨拶のほかに覚えたほうがいいのは、中国語が上手になるうえで欠かせない中国語です。

正直なところ中国人は日本人のへたくそな中国語を聞くとイライラします。それは外国人のへたくそな日本語を聞くと日本人がイライラするのと同じです。

中国語は声調言語で発音がとても重要なので、日本人が最初に覚えたほうがいい中国語は次の言葉です。

qǐngnǐjiūzhèngwǒcuòwù de fāyīn

请你纠正我错误的发音

どうぞわたしの発音で間違った部分を正してください。

もしかしたら日本人的には覚えたくない種類の中国語かもしれませんが、これも最初に覚えたほうがいい中国語です。

中国語を覚えたての時に間違いを指摘されるのはへこむのですが、この一言を言える人が上手になっているからです。

中国で話してみるときは上記のフレーズを述べて、中国人からOKが出るまで発音を正してもらいましょう。

 中国語を独学できる/中国語講座レッスン

聴解能力上昇

中国語で会話するには、上手に話せるようになるだけでなく、聞き取れるようになる必要もあります。そこで覚えたほうがいいのは…

zàishuōyībiānhǎo ma

2,再说一边好吗?

もう一度言ってもらっていいですか?

中国人の言っていることが聞き取れないことはよくあります。全く聞き取れないかもしれません。

そこで上記のフレーズも重要です。こういえばゆっくりと分かりやすい言葉を選んで発音してくれるからです。

日本人は相手に迷惑かけたくないと感じ、聞き取れなくてもわかったふりをしたくなるかもしれません。実際筆者もそうしたことがあります。

しかしわかったふりをしても、聞き取れていないことは中国人にばれています。

听力(tīnglì)、つまりは聴解能力を向上させるには、恥を忍んで「もう一度言ってください」と言えないといけないのです。

中国語は一人で教科書で学ぶものではない

中国語の教科書に書いてある中国人が使わないフレーズを覚えても何の意味もありません。

今回考えてきた通り、最初に覚えたらいいのは、中国人が実際に使う簡単なフレーズです。

自分の中国語を上昇させるために、上記の中国語フレーズも最初に覚えましょう。文法も単語もあとは自然と中国人と話していれば増えていくというものなのです。

チャイニーズドットコム中国語教室

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで中国通になれる無料のメールマガジン

  • 中国人の友達がほしい
  • 中国の文化や習慣をもっと知りたい
  • 中国語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まず中国人がどんな人かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 中国語で自分の意思をはっきり伝える方法
  • 中国の会社における役職の名称とは
  • 簡単な中国語で、中国人との距離感は縮める方法とは!
  • 中国では、初対面でプライベートなことを聞かれるのはなぜ?

無料メールマガジン

 中国語を独学できる/中国語講座レッスン「MINISO」見事に日本を装った中国のお店前のページ

中国ネット用語「草」日本との使われ方の違い次のページ 中国語を独学できる/中国語講座レッスン

新着中国語レッスン

  1.  中国語を独学できる/中国語講座レッスン
  2.  中国語を独学できる/中国語講座レッスン
  3.  中国語を独学できる/中国語講座レッスン
  4.  中国語を独学できる/中国語講座レッスン
  5.  中国語を独学できる/中国語講座レッスン
PAGE TOP