中国の社会

台湾で中国北京語を話しても大丈夫な理由

以前、中国香港では中国の標準語である北京語を話さないほうがいい理由について特集しました。香港ではだめなのですが、実は台湾では北京語を話しても大丈夫なのです。その理由を探りましょう。

台湾と香港歴史的背景の違い

香港はかつてイギリスの統治下にありましたが、台湾は日本の統治下にありました。年配の方は日本語をペラペラ話すことができます。

戦時中に日本は台湾の交通網を作り、大きく経済発展に貢献しました。当時造られた日本式の鉄道や駅は今も残っており、それが今も台湾経済の基礎となっています。

戦後日本軍は退却し、その後中国大陸での共産党と国民党との戦いが起こり、内線に負けた蒋介石(蒋介石:jiǎngjièshí)が台湾を国民党の首都とし、中華民国として現在に至っています。

このような流れのなかで、台湾人が母国語としている言語は何だと思いますか?

台湾人の母国語

台湾の母国語は中国語です。もちろん台湾の方言はありますが、学校では中国北京語が国語として教えられており、北京語を話しておけば、だれとでも話せます。

香港人は英語や広東語が母国語なので「無理やり中国語を習わされている」と感じていますが、台湾人は日本人が日本語を学ぶと同様、北京語を母国語として完全に受け入れています。

台湾ビジネス

よって、台湾に出張するときは、中国北京語を勉強していくとよいでしょう。英語はさほど重要ではありません。この点は日本と一緒です。欧米系の企業では必要ですが、台湾企業との折衝では基本必要ありません。

台湾人に中国人か?と言ってはいけない

台湾の文化は基本中国文化です。春節(春节:chūnjié)の時は爆竹を鳴らして祝います。食べ物はチャーハン(炒饭:chǎofàn)やショーロンポー(小笼包:xiǎolóngbāo)ですし、母国語も中国語です。

よって初めての海外出張で、台湾に出張にいった日本人は、ある錯覚に陥ります。それは…

これが中国なのか~。

台湾にいらっしゃる方への自己紹介で、思わずこのように尋ねてしまうかもしれません。

nǐshìzhōngguórén ma?

你是中国人吗? 

あなたは中国人ですか?

しかし、この質問を台湾の方にしてはいけないのです。なぜでしょうか?

台湾人は自分は中国人ではないと思っている

台湾人は100%真顔でこう答えます。

wǒbùshìzhōngguórén。wǒshìtáiwānrén

我不是中国人。我是台湾人!

私は中国人ではありません。台湾人です。

日本人からすると、台湾人も香港人も中国大陸の人もみな中国人と感じますが、台湾人は自分を「台湾人であって中国人ではない!」と強く自負していますし、香港人も「自分は香港人!」と強く自負しています。

恐らく、中国に吸収されたくないのに吸収されつつある国民の抵抗も含まれているのでしょう。感情的に答えられても、優しく受け入れる必要があります。

台湾でのビジネス

台湾人と接するときは、こうした政治的背景を考慮し、台湾という国家の人として接することに注意を払うとよいでしょう。

台湾の方は親日の方が多いので、大陸よりやりやすさ感じるに違いありません。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP