独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム

留学

中国語の作文の書き方

中国語学習者の皆さんは中国語で作文を書くのはお好きですか?中国への語学留学中に大学の授業で作文を書くことになった私は、日本との違いに戸惑った覚えがあります。

というのも作文は資格試験や入試の項目でもあり、中国ならではの書き方があるのです。

中国人にとっての作文とは?

「作文を書く」は中国語で「写作文」(xiě zuòwén)ですね。お気づきの方も多いでしょうが、中国人の多くは自分の「想法」(xiǎngfa 考え方)や「主张」(zhǔzhāng 見解や主張)を人前ではっきりと表現します。

これは子供の頃から「语文课」(yǔwénkè 日本の国語の授業に相当)の作文の授業で論議や主張の展開方法を繰り返し学んでいるからかもしれません。

HSKの「写作考试」(xiězuòkǎoshì 作文テスト)では制限時間内に作文を書き上げなくてはならず、語学留学生にとっても他人ごとではありません。

ではどういう作文を書けば高評価を得られるのでしょうか?そのコツを教えてくれる中国の作文指南から三つの要素を見てみましょう。

立意(lìyì 着想)

出題者の意図をくみ取る?

テーマが最初から決められている場合は比較的簡単かもしれません。

例えば「美好的回忆」(měihǎo de huíyì 素晴らしい思い出)のような具体的なテーマが既に決められているなら、直接そのテーマに関係する言葉を文章内のキーセンテンスにして文章を書いていきます。

書くのがより難しいのは「材料作文」(cáiliàozuòwén 資料作文)でしょう。材料作文はいくつかの資料を用意しているだけでテーマの設定はありません。

学生はその資料を概観し、自身で作文のテーマと方向性を決めなければならないのです。

Zàilìyìfāngmiàn,rúguǒshìcáiliàozuòwén,kěyǐ duōjiǎodùjiědúmìngtízhě de chūtíyìtú,

在立意方面,如果是材料作文,可以多角度解读命题者的出题意图,

ránhòucóngzhōngxuǎnzéyīgezuìwéimíngxiǎn de jiǎodùqùlìyì,

然后从中选择一个最为明显的角度去立意,

búyàozuānniújiǎojiān,yěbúyàoměigejiǎodùdōuyǒusuǒshèliè,

不要钻牛角尖,也不要每个角度都有所涉猎,

zhǐ yòngyījùhuàqùlìyìjíkě。

只用一句话去立意即可。

着想面では、もし資料作文の場合、多角的に出題者の出題意図を読み解くとよいでしょう。その後、その中から最もはっきりとした観点を選択し着想します。

一つの意見や考えに固執する必要はなく、またすべての観点をみないくらかでも関係させなければならないわけでもありません。一言でまとめられる簡単な言葉から着想していけばいいのです。

框架(kuàngjià 構成)

全体の構成・筋書きを組み立てる

文章を書き始める前に、文章全体をどういう構成にするか、ある程度の筋書きを決めて列挙しておくとよいでしょう。

何段落くらいにまとめるのか、それぞれの段落はどのくらいの長さにするのか、各段落では何を書くのかを前もって整理しておくのです。

议论文yìlùnwén 論説文)を書く場合

  1. 論点を提起します。
  2. 現代の事例を挙げて論議に根拠があることを示します。
  3. さらにそれを裏付ける古代の事例を取り上げます。
  4. 可能なら国外の事例も挙げて論拠とします。
  5. 最後に結論を述べて全体をまとめます。

记叙文jìxùwén 叙述文)を書く場合

  • 時間の流れに沿って、または出来事の起きた順に書いていきます。

素材(sùcái 素材)

作文に使う素材を暗記しておく

上記の2~4を可能にするのが素材です。例証する事例を挙げるためには、古代から現代までの著名人の名前と名言をいつでも臨機応変に引用できるよう準備しておく必要があります。

それで普段からよく読書をして、古今東西の著名人のが、どんな名言を、いつ、どこで語ったのかを暗記しておくよう提案されています。

最短の上達方法

授業で気軽に書ける作文ならまだしも、受験や就職の合格を左右する試験で作文を書かなくてはならない場合、失敗は禁物です。ほかの人が書いた高評価の作文を手本にし、その構成や表現力を真似るよう勧める先生もいます。

ではどうすれば最短で作文を書く能力を向上させられるのでしょうか?

Dāngzìjǐxiěwányīpiānzuòwénshí,kěyǐ nágěilǎoshīpīyuè,

当自己写完一篇作文时,可以拿给老师批阅,

rànglǎoshīzhǐchūzìjǐ de bùzú,ránhòujījíqùgǎizhèng,

让老师指出自己的不足,然后积极去改正,

zhè jiùshìxiězuòwéntígāozuìkuài de fāngfǎ。

这就是写作文提高最快的方法。

作文を一つ仕上げたら先生に目を通してもらいましょう。直したほうがいい点や足りない部分を指摘してもらったら、さっそく書き直します。これが作文を書く技術を向上させる最短の方法なのです。

まとめ

本場中国の小学生が作文を書く際に求められているレベルを知るとびっくりするかもしれません。

中国語の作文をもっと上達させたい方は「中国の小学生-驚きの作文テクニック」も参照してください。

チャイニーズドットコム中国語教室

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで中国通になれる無料のメールマガジン

  • 中国人の友達がほしい
  • 中国の文化や習慣をもっと知りたい
  • 中国語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まず中国人がどんな人かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 中国語で自分の意思をはっきり伝える方法
  • 中国の会社における役職の名称とは
  • 簡単な中国語で、中国人との距離感は縮める方法とは!
  • 中国では、初対面でプライベートなことを聞かれるのはなぜ?

無料メールマガジン

 独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム中国書道の雑技-反左书前のページ

これは意外!中国人が絶対携帯を使用しない場所次のページ 独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム

新着中国語レッスン

  1.  独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム
  2.  独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム
  3.  独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム
  4.  独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム
  5.  独学で勉強/中国語講座チャイニーズドットコム
PAGE TOP