中国語の文法

中国語「把」構文の使い方の注意点②

中国語らしい文法の一つが」構文です。

この「」が上手に使えると中国語を駆使している感覚が味わえます。でも「」構文を使用する際にはいくつか注意する点がありましたね。

「把」構文の注意点

まずは前回にも触れた「」構文の注意点をおさらいしてみましょう。

bǎ de bīnyǔ shì shuōhuà rén xīnmù zhōng yǐjīng quèdìng de

1、”把”的宾语是说话人心目中已经确定的。

「把」の目的語は話し手によって既に確定されている。

 

2、”把”字句的动词一定带有处置或支配的意义。

「把」文章の動詞は処理や支配の意味を持つ

今回は2つ目の「」構文を使うときの注意点を見ていきます。

「把」は必ず対象を処理または支配している時に使う

2つ目の注意点は、把構文は必ずその対象が処理されているか支配されているということです。下記の例文をご覧ください。

wǒ bǎ nà bēi kāfēi hē le

我把那杯咖啡喝了 ←正解

わたしはあのコーヒーを飲んだ

この文章は「飲んだ」となっており、「飲まれていなかったものが飲み終わる」つまりそのコーヒーの処理が終わっているゆえに「」構文が使えます。

しかし処理がなされていない文章では「」構文が使えません。

wǒ bǎ nà bēi kāfēi hē

我把那杯咖啡喝 ←間違い

わたしはあのコーヒーを飲む

この文章は「あのコーヒーを飲む」と言っているだけで、コーヒーの処理は何も行われていません。あのコーヒーをどうしたのかがまるで示されていないのです。よって「」は使えません。

「把」が使えない動詞

」構文かならず対象物を処理または支配している必要があるゆえに、処理または支配の意味を持たない動詞には「」を使うことができません。

」が使えない動詞には以下のものがあります。

  • (yǒu) ~がある
  • (shì)  ~です
  • (zài) ~にいる
  • 知道(zhīdao) ~を知っている
  • 喜欢(xǐhuan)  ~が好き

どう使えないのか具体例を挙げますと…

wǒ xǐhuan dèng lìjūn

我喜欢邓丽君 ←正解

わたしはテレサテンが好きです。

 

wǒ bǎ dèng lìjūn  xǐhuan

我把邓丽君喜欢 ←間違い

わたしはテレサテンを好きです

日本語でも好きという言葉の助詞は「を」ではなく「が」を使うことが多いでしょう。「好き」という動詞は処理する種類の動詞ではないためです。

ちょっと難しいのですが、文法的に喜欢(xǐhuan) が仕えない理由は、喜欢(xǐhuan)が自動詞であって他動詞ではないからということになります。

よく一緒に使われる結果補語

」構文は処理されるときに使われるので、動詞を処理するときに結果補語とよく組み合わせて使われます。

結果補語というのは動詞と一緒に合わせて使い、どんな処理をしたのかを表すものです。結果補語にこんなものがあります

  • 動詞+(dào) どこに到達したかを示す結果補語
  • 動詞+(gěi) 誰に渡したかを示す結果補語
  • 動詞+(zài) どこにいるかを示す結果補語
  • 動詞+(chéng) 何に変わったかを示す結果補語

具体例を挙げると

wǒ bǎ zhè bēi kāfēi sòngdào bàngōngshì

我把这杯咖啡送到办公室。

わたしはこのコーヒーを事務所に持っていった

 

wǒ bǎ zhè bēi kāfēi jiāogěi tiánzhōng lǎoshī

我把这杯咖啡交给田中老师。

わたしはこのコーヒーを田中先生に渡した

 

wǒ bǎ zhè bēi kāfēi fàngzài zhuōzi shàng 

我把这杯咖啡放在桌子上。

わたしはこのコーヒーを机の上に置いた

 

wǒ bǎ zhè bēi kāfēi biànchéng niúnǎi kāfēi

我把这杯咖啡变成牛奶咖啡。

わたしはこのコーヒーをミルクコーヒーに変えた

このように「」構文は動詞の処理を表す結果補語と相性の良い構文となります。

文法の間違いを恐れてはいけない

今回は少しお堅い中国語の文法をいろいろ書きましたが、実際に中国語を話すときにはあまり間違いを恐れずにドンドン使うほうが良いでしょう。

日本人である私たちはどんなに中国語の文法を勉強しても、どんなに考えながら話しても、中国人からするとおかしな中国語を使ってしまうものです。

中国語を話すときに間違いを恐れてはいけません。そういう人は成長しないからです。間違いを恐れず中国人とたくさん話して、たくさん笑われて、たくさん間違いを指摘してもらうほうが成長するというものです。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP