中国の社会

中国人が車を買いたくても買えない理由

中国人にとって自分がお金持ちであることを自慢する一番良い方法は車を買う事です。中国人はステータスとして車を何台も購入します。

しかし、中国政府はこうした事態に対抗手段を講じました。それゆえ今中国で車を買いたくても買えないのです。

中国政府が車を増やさないために講じた手段

街中の車の数を増やさないために中国政府は対抗手段として、「ナンバープレートを日ごとに特定し、ナンバープレートの車しか走れない」という法律を施行しました。

例えばある都市では街中を走れる車を、ナンバープレートの最後が偶数の日と奇数の日とに分けています。すると毎日車に乗りたい中国人はどうしますか?

なんと偶数と奇数の車2台持ちを始めたのです。

そこでさらに中国政府が打ちだした対抗策は何でしょうか?

táigāochēpáijiàgé

抬高车牌价格

ナンバープレート価格を釣り上げる

正確に言うと、政府がナンバープレートの価格を釣り上げたというわけではなく、ナンバープレートを抽選(抽签:chōuqiān)、もしくはオークション(拍卖:pāimài)でしか購入できなくしたのです。

ナンバープレート抽選当選確率

ナンバープレートを抽選制にするのかオークション制にするのかは都市によって違います。ちなみに北京は抽選制を採用しており、上海はオークション制を採用しています。

ナンバープレート申請をして当選した人がプレートを購入できるのですが、その当選率はどれくらいだと思いますか?

bǎifēnzhīyīdàoèr

百分之一到二

1~2%

つまり北京においては、50年間申請し続けて当選するかしないかの確率ということになります。そう、北京で自分の車を保持するのは夢のまた夢なのです。

北京で車を持つ抜け穴

新車を買ってもわずかな抽選確率でしかナンバープレートが手に入らなくなりました。それでどうしても北京で自分の車を運転したい人は抜け穴を使うことになります。それは…

mǎidàichēpái de èrshǒuchē

买带车牌的二手车

ナンバープレート付きの中古車を購入する

日本で二束三文で売られるような走行距離が10万キロを超えている車でも、もし北京のナンバープレート付きで売られていたなら、何と10万元(160万)でも余裕で売れます。

購入者はその中古車を買ったらすぐに廃車し、そのナンバープレートを新たに購入した新車につけるのです。

オークションの場合

上海などナンバープレートオークション制を採用しているところもあります。この場合運ではなく純粋にお金持ちであれば購入できるということになります。

予想できることですが、年々この引き落とし価格はつり上がっていきました。

オークション制度が始まった2004年1月のナンバープレート平均購入価格は39516元(約63万円)でした。日本人からするとこれでも相当高いでしょう。

それが2020年11月の平均購入価格は91433元(145万円)となっています。

そうです。もはや上海でナンバープレートの価格は、車の価格と同じくらいなのです。今後もっと値段はつり上がっていくでしょう。

当たり前のことができる日本に感謝

車を買いたければ買うことができ、好きな日に好きなだけ車を乗ることができる日本は幸せなのです。

中国では車を欲しくても購入するのに苦慮し、たとえ運よく自家用車を保持できたとしていても、指定された時間にしか運転できません。

当たり前のことが当たり前のようにできる日本に住んでいることを感謝したいですね。

※2021年1月の情報です。

チャイニーズドットコム中国語教室

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけで中国通になれる無料のメールマガジン

  • 中国人の友達がほしい
  • 中国の文化や習慣をもっと知りたい
  • 中国語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まず中国人がどんな人かを知って欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • 中国語で自分の意思をはっきり伝える方法
  • 中国の会社における役職の名称とは
  • 簡単な中国語で、中国人との距離感は縮める方法とは!
  • 中国では、初対面でプライベートなことを聞かれるのはなぜ?

無料メールマガジン

中国人が車を購入する意外な動機前のページ

新着中国語レッスン

PAGE TOP