中国の社会

ほとんどの中国のホテルに日本人は泊れない

お金さえ払えば、どこのホテルにでも泊まれると思っていませんか?この当たり前が中国では通用しません。

実際、中国国内のほとんどのホテルで日本人が「泊めてください」と言っても、泊めさせてくれないのです。なぜなのでしょうか?

中国のホテル登録システム

中国でもホテルの予約の仕方は基本的に日本と変わりません。直接電話するか、ネットで予約するか、旅行社を通して予約するかです。

予約された情報はホテルに残り、当日訪問すると部屋を手配してくれます。

予約したホテルに行って言われること

ところが予約したホテルに当日行くと、受付でこう言われ、泊めてもらえないことがよくあるのです。

bùhǎoyìsi wǒmen lǚguǎn bùnéng jiēdài wàibīn

不好意思,我们旅馆不能接待外宾。

どういう意味なのでしょうか?

不好意思bùhǎoyìsi)というのは「ごめんなさい」という意味です。我们wǒmen)は「わたしたち」という意味ですよね。

旅馆lǚguǎn)は日本語の漢字と同じ「旅館」という意味です。不能bùnéng)は「~することはできない」という意味です。

接待jiēdài)は日本語の「接待」の意味と似ていますが、この場合は「(お客として)受け入れる」という意味合いになります。

では「ごめんなさい。私たちの旅館はお客として受け入れることができない」と言われているのは誰なのでしょうか?

内宾と外宾

外宾wàibīn)というのは「外国人のお客さん」のことです。反対語は内宾(nèibīn)で「国内からのお客さん」のことを指します。

日本の旅館では日本人は本人確認さえ行われません。外国人の場合もパスポートなど本人証明を提出し、お金さえ払えれば基本的にどの旅館でも泊まることができます。外国人だからという理由で断られることはありません。

ところが中国の大半のホテルでは「うちは外国人のお客さんは泊められない」という理由で断られてしまうのです。

外国人はホテルに泊まれない理由

当然門前払いを食らった外国人は怒ります。「なんで泊まれないの?予約もしたのに!」と言います。すると必ず次の言葉が返ってきます。

yīnwèi wǒmen lǚguǎn méiyǒu xìtǒng

因为我们旅馆没有系统

うちの旅館はシステムがないから

系统xìtǒng )つまり「システム」というのは何のことでしょうか?それは「外国人の宿泊者を登録するときに使うネットシステム」のことです。

大きなホテルでないとその登録端末がないために、外国人を泊めることができないというわけです。

中国では1987年9月23日に旅馆业治安管理办法(lǚguǎnyè zhì’ān guǎnlǐ bànfǎ )という法律が施行されました。

これは国内のすべての宿泊施設は外国人を泊めるときには、このシステムを使ってパスポートにある顧客データをすぐに国に登録しなくてはいけないという法律です。

登録端末がない旅館側も外国人を泊めればお金が入るので泊めたいのですが、国からお咎めを食らうのが嫌なので、外国人を門前払いします。

確実に泊まれるホテルを探すために

このような門前払いを受けないためにはどうすればいいのでしょうか?

一般的に4つ星(四星级:sìxīngjí )以上のホテルであれば、たいてい外国人登録システムが備わっているので大丈夫です。しかしこのような良いホテルは500元(8000円)以上するので、できればもっと安いところに泊まりたいものです。

リーズナブルなホテルに泊まりたいのであれば、自分で予約サイトから予約することになります。

ホテルの予約サイトにある外宾(wàibīn)内宾(nèibīn)の表示を確実に確認することです。

ホテル予約サイトに「外宾」と表示されていれば問題ありません。しかし「内」と表示されているのであれば、予約はできますが外国人は泊まれません。

泊まれるかどうかわからない時

予約サイトに外宾(wàibīn)内宾(nèibīn)のいずれも表示されていない場合は、外国人が泊まれるかどうかわからないので予約する前に、ホテルに中国語か英語で電話して尋ねる必要があるでしょう。

言語が話せるか心配で電話できない時はどうしあらいいのでしょうか?やはり事情に通じている旅行社を通して予約するのが確実でしょう。

もしよかったら参考にして下さいね。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP