中国人

お客に出す飲み物~日本と中国の習慣の違い~

日中の文化の違いはいたるところで感じます。中国人の家に招待されたとき、日本人にとっては失礼と思うようなものが出されるかもしれません。

または良かれと思って提供した飲み物が中国人のお客さんには喜ばれないという事もあるのです。

中国の家で出されるもの

中国人が家に友人を招待した時、提供するのはどんな飲み物だと思いますか?それは日本では決して出さないこれを提供します。

báikāishuǐ

白开水 

お湯

中国人は家にお客さんが来るとまず「お湯」を出します。お湯と言うのは水(:shuǐ)よりも沸かしてある分「高級なもの」というのが中国の考え方です。

水でもいいのですが、お客さんなので沸かした水を出すことが中国文化のおもてなしなのです。

といっても味気もないうえに、無料で手に入る「お湯」をなぜ中国人はお客さんに出すのでしょうか?

それは、中国では飲料水はお金を出さないと買えないからです。さらに中国医学では、水やお湯は一番身体によいとされていますし、実際に中国人はお湯を飲んで健康を維持しています。

身体に必要でかつ渇きをいやす良いものを提供していると考えているのですね。

お湯がダメならお茶が出る

初めて中国人に提供されるときは、お湯を飲む習慣がない日本人は飲む気になれません。

それを察した中国人が次に出してくれるのが、いわゆるお茶(绿茶:lǜchá)です。しかし日本と違うのはお茶の葉がお湯にそのまま入っていることです。

中国にも急須で濾すという習慣があるにはあるのですが、外の茶馆(cháguǎn)と呼ばれる正式な「中国式喫茶店」では通常、茶葉は濾されていません。

お湯の中に浮かんだ状態で出てきます。そのほうが茶葉からよく味が出てよいのでしょう。

茶葉が浮いているときの問題

お茶の葉が浮かんでいるお茶を飲むとどうなるでしょう?

hē dào zuǐlǐ de bù róngyì ná chūlái

喝到嘴里的不容易拿出来

口の中に入ったお茶っ葉を口から出すのに難儀する

茶葉は本来食べるものではありません。ですが、お茶を口にしたと同時に茶葉が口の中に流れ込んできますので、日本人は気持ち悪くてしようがありません。しかも舌や手を使ってもなかなか口から出てこないのです。

「これどうやって処理したらいいの?」(怎么处理好呢? : zěnme chǔlǐ hǎo ne)と中国人に聞くと思わぬ返答が返ってきます。

中国人のお茶の葉処理法

中国人はこう答えます。

cháyè hánzài zuǐlǐ biàn kě xiāochú kǒuchòu

茶叶含在嘴里便可消除口臭。

茶叶cháyè)は「茶葉」を意味します。 含在hánzài)は「~が~の中に含まれている」という場所を指定する介詞となります。

嘴里zuǐlǐ)は「口の中」という意味なので、「口の中に茶葉が含まれている」場合どうだと言っているのでしょうか?

消除口臭xiāochú kǒuchòu)は何となく意味が分かるかもしれません。そう「口臭除去」です。便biàn)は「都合が良い」という意味があり、)「~できる」という意味合いになります。

つまり口の中の茶葉の処理方法を中国人に尋ねると「茶葉が口の中に入ったら、口臭除去もできてちょうどいいというもんだぞ」という予想だにしない返答が返ってくるというわけです。

つまり中国人もわざわざお茶の葉を食べようとは思っていないのですが、口に入った茶葉を別に出そうとも思いません。この出来事を積極的にとらえるのです。中国人のこの融通性と積極性、日本人も習いたいものです。

中国人に出す飲み物

中国人のお客さんが来るときには上記の中国の習慣に沿ってお湯を出しても構いません。夏でもお湯でよいでしょう。

日本人の場合、夏の暑い日だったら、冷蔵庫でよく冷えた飲み物を提供するのが良いと考えますが、中国人には「冷たい飲み物」を出さないほうが良いでしょう。

おそらく飲んでもらえません。中国人は身体を冷やすのは良くないと心から思っているからです。

今回の中国語での表現は、覚えられましたか?(中国語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でピンインの発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがチャイニーズドットコム中国語教室。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料で中国語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着中国語レッスン

PAGE TOP